歯周病インプラントセンター東京杉並|ファミーユ歯科監修

資料請求はこちら
 
こちらではインプラントと歯周病治療の症例をご紹介いたします。治療のご参考にご覧下さい。

インプラント症例


【20代女性の症例】
前歯部の歯を失い、インプラント治療を行いました。また、前歯にオールセラミックを使用した審美治療と、歯ぐきの漂白処置も行い、審美性と機能性の両方に焦点を当て治療を行いました。

詳細はこちら
 


【50代男性の症例】
5本のオールセラミックインプラントを入れ、歯がないことによって低下していた咀嚼力を回復させました。また、審美性の高いオールセラミックを使用したためとても自然な仕上がりです。

詳細はこちら
 

詳細情報


【40代女性の症例】
治療前は下の歯がないため上の歯と下アゴがくっつきそううな程で硬いものが噛めない状態でした。しかし、インプラント治療後は奥歯でしっかり食事が出来るようになりました。

詳細はこちら
 


インプラント治療のメリットの1つとして1本から治療が行える点が挙げられます。歯は1本でもなかったり、グラついていると周りの歯並びに影響してきますので、きちんと治療を行うことはとても重要です。

詳細はこちら
 


インプラント治療は審美性にもとても優れています。この症例をご覧頂くと分かるように、とても自然な仕上がりで、まるで天然歯のようです。

詳細はこちら
 


レントゲン写真の右側の顎は長い入れ歯生活による骨の吸収により、下歯槽神経に近く、インプラントを埋入する距離がとれませんでした。しかしショートインプラントを選択することにより、骨を造る手術をすることなしにインプラントでしっかり噛めるようになりました。

詳細はこちら
 

上顎の歯槽骨の上部(頬骨の奥)には、上顎洞(サイナス)という大きな空洞があり、鼻腔へとつながっています。上の奥歯を失ってしまうと、上顎洞が下方に拡大していきます。同時に、失った歯の周囲の歯槽骨が吸収されていくので、歯槽骨の厚みが加速的に減少していきます。そこで、サイナスリフトという方法で膨らんできた上顎洞に移植骨や骨補填材、最近ではインプラント本体の一部を挿入して、上顎洞の底部分を押し上げます。

詳細はこちら

上顎臼歯部分にインプラントを埋入する際に上顎の骨が薄いと、埋め込んだインプラントの先端が骨から出てしまい、不安定になってしまいます。そこで、ソケットリフトという方法で自家骨を挿入し、骨を加えます。ケットリフト法とは、口腔内から上顎洞底部を持ち上げて隙間を作り、骨移植や再生療法で骨増成を誘導する上顎の骨の再生手術法です。上顎の骨に垂直に穴を開け、インプラントを入れるスペースを作り、そのスペースに自家骨を挿入してインプラントを埋入します。インプラントは先端までしっかり骨が覆われることで6~9ヵ月後には上顎の骨としっかり結合します。この方法はインプラントを埋入する部分の上顎の歯を支える骨の頂点から上顎洞の洞底部までの骨の厚みが10mm以下で、最低5mm程度は存在する場合に可能です。

詳細はこちら


こちらの患者様は、前歯が動いており今にも抜け落ちてしまいそうな状態でした。このようなケースは保存が大変難しく、咀嚼力の減少で骨吸収も始まり顎がどんどん減っていってしまいます。
そのため下の前歯2本はなんとか残せるよう処置し、その他の箇所は最小限の入れ歯とインプラント2本を埋入し、機能回復させる治療を行いました。
治療後は、固いものも噛め審美性もとても高い口元になり、大変満足して頂けました。

詳細はこちら
 

アクセス情報
私がDr.になったきっかけ
患者様の声
症例
治療費について
Q&A
医療費控除
医院について
資料請求
ブログ
歯科用CTの有効性
ファミーユ本院サイト
ファミーユ歯科・矯正歯科サイト
 
詳細はこちら 詳細情報